スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

極寒の地 

P1030810_convert_20130119024516.jpg

北海道のブロともさんの記事で気温が-39.1度を記録したと書いてありました。

それを聞いて思い出したのが、パパさんの方のおじいちゃんとおばあちゃんの話。

以前北海道で水害と火災の経験をしたと書きましたが、住んでいたその地は道内も有数な極寒そして豪雪の地域なんです。

雪は毎年5m近く積もり、気温は―30度を超える日も何日もある凄いところだったんです。

P1030813_convert_20130119024712.jpg

どれだけ寒いかというと、例えば銭湯に行って髪の毛を濡れたままで帰ると、首を振ったらカランカランと凍っていて音がします。

素手で金属を触ったりしたら引っ付いて手の皮がむけるよ。


聞いた話で一番悲惨だったのが、お子さんがなかなかできないご夫婦に待望の赤ちゃんができたんです。

でも、生まれてすぐにその子はお家で亡くなったんです。

原因は凍死です。家の中でですよ!

当時は今ほど暖房設備が整ってる訳では無いので、たぶんストーブが暖を取る主役だったんでしょうね。

ただ寝ている深夜は危険防止のためストーブを切っていたんだと思う。

母親と一緒ね寝ていた赤ちゃんが、朝起きてみると体が半分布団から出ていたらしい。

身体を触るとすでに冷たくなっていたという。

おばあちゃんに聞いたら、夜中におむつを替えるのが一番大変だったみたいで、布団の中に外気を入れないために、掛布団を頭からすっぽりとかぶって死にもの狂いだったんだって。

学校はというと、朝7時の段階で―30度以下なら一時間目はお休みになって二時間目からの登校、そしてー35度以下なら休校だったらしい。

雪も凄くて毎年家の前の道路が二階の高さになっていて、雪の階段を作って道路に出てたんだって。

一階は雪の壁のため一日中真っ暗状態。

道を歩いていて何かに躓いたと思ったら、小屋の屋根だったって言う笑い話のようなことが普通だった。

パパさんも幼少期は住んでたらしいのですが、かすかな記憶しかないらしいけど、一度は家族で行ってみたいと申しておりますが、アビィを含め私そして子供たちは完全に腰が引けております。

今は鉄道も廃止されて車で行くしないようですけど、夏なら行ってもいいかなと思ってます。

この廃止された深名線(深川から名寄までの鉄道)は日本一の赤字路線でよくTVにも取り上げられていましたよ。

いつかは行ってみたいなぁ、行けるかなぁ…

P1030823_convert_20130119024841.jpg



いつもコメントありがとうございます。
週末は何かとバタバタしますので、コメント欄クローズにしております。



アビィを応援してもらえるんやったらポチッとお願いします。
           
ランキング_convert_20121103004457
スポンサーサイト

category: ペット

TB: 0    CM: --    

トラックバック

トラックバックURL
→http://satoru0320.blog.fc2.com/tb.php/182-4ff307a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

♡ご訪問ありがとうございます♡

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アビィの友達の数

カレンダー

アビィのお友達だよ~ん♡

FC2ブログランキング

オンラインカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。